水虫の治し方ナビTOP > 状態 > 初期

初期について

 

高温多湿の環境下では水虫になることはよくあることなんです。
そこで初期の段階ではどういう症状を見て取れるのでしょか。


皆さんは水虫というととても痒くて痒くてたまらないイメージがありますよね。
しかし、初期の段階ではそんなに痒く無い事が多々あります



それよりも、湿疹のようなものができているだけだったりします。


しかし、そういう風に目に見えてる時点で潜伏期間は相当長いんです。
感染した初期のときは全く気付かず、分からない人が多いんです。


そのため、治療を始めるのが遅れてしまい、重症になりがちなんです。


まずは病院に行って診察してもらい、薬をもらうのが最善です。
水虫との戦いは長いこととなりますが、じっくり腰をすえて治療しましょう。




水虫アッサリ追放宣言!
こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。




スポンサードリンク



状態記事一覧

臭い

水虫に感染しているとなんだか足が臭い様なイメージを持ちがちです。では本当に水虫になっていると嫌な臭いになってしまうのでしょうか。じつは水虫=臭いという方程式が成...

水泡

足の皮膚に水泡ができていたらそれはすなわち水虫なんでしょうか。実は、その水泡は水虫によって引き起こされた確率は、高いといえます。では一体この足にできるこれはどういう...

乾燥

水虫菌の白癬菌が増殖するのはどういう所か知っていますか。それは高温多湿で、じめじめした所で活発に増殖します。だいたい温度が25度以上になると、どんどん増殖していきま...

初期

高温多湿の環境下では水虫になることはよくあることなんです。そこで初期の段階ではどういう症状を見て取れるのでしょか。皆さんは水虫というととても痒くて痒くてたまらないイ...