水虫の治し方ナビTOP > 種類 > 小水疱型水虫

小水疱型水虫について

 

水虫というのは指先にだけできるものではないんですよ。
じつは小水疱型水虫というのは、土踏まずあたりにできるんです。


小水疱型水虫はどういう感じのものか知らない人もいるので、特徴を挙げてみます。


土踏まずの辺りに赤い水泡がぷつぷつできて、それが重なることもあります。
そして、なんと言っても小水疱型水虫はかなり痒みを感じます


その症状はあせもなどと似ていて、夏場になると表にできてきます。


小水疱型水虫の治療法としては、塗り薬を使うのが普通ですが、
水虫が進行すると、飲み薬も飲むこととなります。


とにかく気になったらまずは、
病院に行って診察を受けるのが一番です。


この水虫を放っておくと患部が痒くなって、
生活していくのが大変なことになりますよ。




水虫アッサリ追放宣言!
こんなに簡単! だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。




スポンサードリンク



種類記事一覧

角質増殖型水虫

実は水虫にもタイプがあって、それぞれ特徴が違ってきています。その中でも角質増殖型水虫というものがあって、いわゆる水虫とは少し違うんです。角質増殖型水...

小水疱型水虫

水虫というのは指先にだけできるものではないんですよ。じつは小水疱型水虫というのは、土踏まずあたりにできるんです。小水疱型水虫はどういう感じのものか知らない人もいるの...

水虫菌

よく世に言う水虫菌とはどういうものなのか知っていますか。水虫菌とは白癬菌でカビの一種で、いたるところにあるものなんです。この白癬菌は人間の垢に潜んでいて、ケラチ...